リポドリンの効果は最強!アメリカNo1の実力を徹底調査!

「リポドリンに興味があるけど、効果があるってホント?」と気になったことはありませんか?

アメリカでは大変な人気を誇る食欲抑制剤ですが、日本人にも適してるのかなど、気になる点は多々あると思います。

そこで今回は、リポドリンについて徹底調査してみました!

口コミだけでなく、飲み方、副作用、使用時の注意点、購入できる販売店など、詳しくまとめてみました。

また、リポドリンには種類があるため、ダイエット効果に関連する情報と併せてお伝えしていきます。ぜひ参考にしてください。

リポドリンの口コミからわかる効果!

まずは、リポドリンの効果がわかる口コミから見ていきましょう。

私は朝飲むと我慢出来ずに夕飯を食べてしまうので遅めの昼ご飯を食べて一錠飲んでます。 そうすると食欲が無くなるので夕飯を食べずにすみます。 眠れないという副作用は全然ないのですが、軽い吐き気はあります。 動悸と手の震えが少し続くのが怖いです。 身体もポカポカあつくなります。
体重は1週間飲んで1キロ落ちました。
引用:hbstore

普段から水さえあれば2~3日は食事しなくても平気なタイプなので、食欲抑制ではなく脂肪燃焼目的で購入しました。
エフェドリン系の薬は数年ぶりです。
2錠飲もうかと思ったんですが、1粒がやたらでっかいので1錠飲んで2時間後に2錠目追加しました。
動悸がすごくて躁状態になります。動きたくなります。音楽かけてると踊りたくなります(笑)
血圧が上がって、暑いというか火照ってる感じで若干胃のムカつきあり。軽い息切れもあり。
なぜか鼻水が増えて鼻かんでばっかりでした。
効果も副作用も人によるとは思いますが、参考になれば。
引用:オオサカ堂

リポドリンを飲むようになってから、食事の量が減ったり、トイレの回数が増えました。そのためか、自然と体重が減っていった感じです。

私は普段デスクワークのため、むくみに悩んでいたのですが、最近は悩むことがなくなりました。実際に減った体重は3キロですが、1ヶ月で3キロ減なので即効性はある方かなと思っています。

あまり急激に痩せても体によくないと感じていたので、このくらいがちょうどいいですね。もう少し使い続けてみて、またレビューします!

年と共に太りやすく痩せにくく、さらに食欲をなかなか制御出来ずに困ってました。
沢山の口コミを読み副作用覚悟で購入したのですが、初日から1錠飲んでも気持ち悪さや吐き気はなかったです。
そのかわり動悸や心拍数の増加はありました。
食欲が簡単にコントロール出来るので助かってますが、食べようと思えば食べられるのである程度の遺志が必要だと思います。
1日2錠飲むと眠れなくなるので1日1錠半にしています。
一週間も過ぎると動悸などが軽くなってきたので筋トレと踏み台をしてダイエットに励んでます。
何より食欲を抑えられるのが物凄く助かります。
引用:アイドラッグストア-

リポドリンの口コミをまとめると効果は3つ!

リポドリンの口コミをまとめてみた結果、主な効果は3つあるといえそうです。順番に見ていきましょう。

①食欲のコントロールが容易になる

食欲を自らコントロールできるようになった人が散見されました。中でも、「食べようと思えば食べられるけど、別に食べなくても大丈夫」といった声が目立ちます。

ようするに、食欲を自分でコントロールしやすくなったといえますので、食事制限が苦手な人に最適な食欲抑制剤だといえそうです。

②新陳代謝アップ

利用効果を感じたり、むくみが解消したなどの口コミも目立ちました。これらの症状は、新陳代謝がアップした証拠とも言えますので、運動を取り入れることなく代謝を上げたい方に最適です。

③減量効果

後に詳しく触れますが、リポドリンにはエフェドラと呼ばれる減量効果の高い成分が含まれています。そのため、比較的短期間で体重を減らすことが可能です。

リポドリンの効果的な飲み方と注意点

リポドリンの効果的な飲み方、注意点など詳しく見ていきましょう。

①1日4錠まで!

リポドリンの最大摂取量は、1日4錠までです。飲み方としては、朝に1から2錠、昼食後に1錠摂取することが望ましいといわれています。

また、高い効果が期待できることから、初めの頃は少量から摂取するようにしましょう。

②コーヒー好きは目安量より少なめの服用がおすすめ

リポドリンの中には、カフェインが含まれています。微量ではありますが、コーヒー好きな人はカフェイン中毒に陥る可能性がありそうです。

そのため、リポドリンの摂取を始めるのであれば、できるだけコーヒーなどのカフェインの摂取は控えましょう。もしくは、リポドリンの摂取量を制限することをおすすめします。

③一部疾患がある場合は服用禁止!

高血圧や心臓疾患などがある場合、リポドリンの摂取が原因で症状が悪化する恐れがあります。

そのため、服用は控えるようにしてください。また、上記の疾患だけに限らず、何らかの病気を患っている場合は、必ず主治医に相談することをおすすめします。

④過剰摂取は危険!

エフェドラエキス配合のため、過剰摂取は危険です。詳細は後に触れますが、海外では過剰摂取による死亡例が報告されています。リポドリンを摂取するときは、必ず目安量を厳守しましょう。

リポドリンの販売店は?個人輸入しかない

リポドリンの販売店は、個人輸入一択です。最もお勧めのサイトは、「H&B STORE」となります。1本あたり5980円で購入することが可能です。

「H&B STORE」は実績が豊富で長年運営されているサイトですので、初めての方でも安心して利用できます。

なお、楽天やamazon等の通販サイト、ドンキ、マツキヨなどの実店舗では販売されていません。見かけたとしても、偽物の可能性が高いことから購入を控えるようにしましょう。

リポドリンとは?種類と効果の違い

通常のリポドリンは、含有成分であるエフェドラに特化した商品です。食欲減退効果が高いため、アメリカなどでは注目された成分となっています。

ただし、過剰摂取による重大な副作用、死亡例が取り上げられるようになり、日本国内では一部の商品の販売などと注意喚起を促すようになりました。

そのため、リポドリンにはいくつかのバージョンが開発されるようになり、通常のリポドリンと見分けがつきづらくなっています。

ここでは、代表的な商品を取り上げながら、通常のリポドリンとの違い、含有成分などを見ていくことにしましょう。

エフェドラフリー

リポドリンとの違いは、「エフェドラが含まれていない」「脂肪燃焼効果が期待できる」点にあります。

含有成分としては、エフェドラの代わりにアカシアリギデュラが配合され、より安全性が高くなったといえそうです。

エクストリーム

エクストリームは、リポドリンの弱点を克服した改良版です。

アカシアレジデゥーラエクストラクト、イールディング、B-フェニールセラミンなど、ダイエットに効果的な成分を配合し、リポドリンと変わらない脂肪燃焼効果、食欲減退効果が期待できます。

また、副作用の心配がなく、体に負担が掛からないように成分設計がなされているため、初めて利用する方でも安心です。

ハードコア

ハードコアに関しても、リポドリンの改良版となります。リポドリンとの一番の違いは、リバウンド防止に特化した成分配合になっていることです。

また、体型をキープしたい方、ウエストの細さをキープしたい方からも高く評価されています。

含有成分は、アカシアリディギュラエキス、ヤーバマテエキス、B-フェニルエチラミンなど多数ありますが、脂肪燃焼効果、食欲減退効果はリポドリンと変わりありません。副作用の心配もほぼないため、安心して服用できます。

リポドリンの主な成分

食欲抑制や痩せる効果と関係する主な成分を、5つピックアップしてみました。ぜひ参考にしてください。

①エフェドラ

量を摂取することで、脂肪の代謝を促進したり、食欲を制限する効果が期待できます。

②アカシア

主に空腹感を抑制する効果が期待できます。つい食べ過ぎてしまう人は、効果を実感しやすいといえそうです。

③テオブロミン

代謝を促進したり、食欲を制限する働きがあります。

④ダイダイ

利尿作用があり、代謝改善が期待できます。

⑤カフェイン

基礎代謝の促進が期待できる他、交感神経が刺激されるため体脂肪が燃焼されやすくなります。

リポドリンは副作用に注意が必要!

主な副作用としては、口の渇き、動悸、息切れ、胸やけ、嘔吐などがあります。

また、高血圧、甲状腺疾患、心臓疾患などがある場合、副作用が出やすいため使用を控えましょう。

それだけでなく、過剰摂取すると副作用を促進することになってしまいます。先に触れたとおり、含有成分であるエフェドラは死亡例のある強力な成分ですので、目安量を厳守してください。

リポドリンの危険性。死亡例ある?

結論からいうと、リポドリンに死亡例はありません。ただし、含有成分であるエフェドラには死亡例があります。

半数致死量は「10mg/kg」ですので、例えば体重が60キロの人が600mgエフェドラを摂取すると半分の確率で死亡するということです。

リポドリン1錠当たり15mg配合ですので、一気に摂取しなければ問題ないものの、過剰摂取は控えるようにしましょう。

リポドリンまとめ

リポドリンは危険などといった情報を見掛けることはあるものの、高い効果が期待できる食欲抑制剤といえそうです。

また、短期間で効果を実感している人が目立つことから、即効性を求める人にも適しています。

摂取量を厳守する必要はあるものの、何度もダイエットに失敗してリバウンドしたり、他の食欲抑制剤で失敗した経験がある方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか?