【2019年版】食欲抑制剤ランキング!効果大のおすすめはこれだ

「何度もダイエットに失敗してリバウンドしてしまう…」
「食事制限や運動は苦手!もっと手軽に痩せる方法はないの?」

このように思ったことはありませんか?

巷には、あらゆるダイエット法があるものの、減量やスタイルアップに失敗する人は少なくありません。

でも、これらの悩みは、食欲抑制剤を活用することで一気に解決できます。

そこでこの記事では、効果大のおすすめ食欲抑制剤をランキング形式でまとめてみました。

併せて食欲抑制剤の選び方、飲み方などもお伝えしますので、初めて食欲抑制剤を使用する初心者でも安心して始めることができるはずです。

さっそく、食欲抑制剤のおすすめランキングから見ていきましょう!

【効果大】食欲抑制剤おすすめランキング!

食欲抑制剤には、あらゆる種類があります。

中には重篤な副作用を伴う商品も含まれているため、価格や口コミだけを参考にして購入すると、「痩せるどころか体調を崩した…」ということになりかねません。

そこでこの項では、おすすめの食欲抑制剤を5つピックアップし、ランキング形式でご紹介していきます。

効果、成分、飲みやすさ、副作用の有無、安全性なども含めて解説しますので、ぜひ参考にしてください!

リデュース

価格&容量:1箱5400円(30粒1か月分)
1日摂取量:1日1粒
主な成分:ジブトラミン
生産国:インド

リデュースは、食欲減退効果が期待できる「ジブトラミン」を主成分とした食欲抑制剤です。インドにあるジェネリック製薬メーカーが製造しています。

無理なく摂取カロリーを抑えることができるため、綺麗に痩せるだけでなくリバウンドの心配がありません。錠剤のサイズはやや大きめなものの、カプセルのような形状ですのでそれほど飲みにくさを感じることはないといえます。

気になる副作用については、体調や元々の体質によって様々です。例えば、口の渇き、高血圧、便秘、頭痛などが挙げられます。

ただし、1日1錠という目安量を厳守していれば、副作用が発生する可能性はほとんどありません。

BBX

価格&容量:1箱5200円(30粒1か月分)
1日摂取量:1日1粒
主な成分:L-カルニチン、L-テアニン、L-チロシン
生産国:タイ

日本国内にある美容外科でも処方されているダイエットサプリです。白いんげん豆や海藻など、自然素材から成分を抽出しているため、重篤な副作用の悩まされることはほとんどないといえます。

また、食欲を抑制するだけでなく、脂質の蓄積を阻止したり脂肪の吸収を抑えることも可能!その結果、摂取カロリーを半分以上カットすることができます。これなら、ダイエット中に少々食べ過ぎたとしても、すぐにリセットすることができそうです。

市販されている錠剤の薬より形状が大きいため、飲み込みづらさを感じてしまうかもしれませんが、多めの水と一緒に飲み込めばスルリと飲み込めます。

ちなみに、タイの食品医薬品商品局が認可しているダイエットサプリでもあるため、安全性は申し分ありません!

リポドリン

価格&容量:1本5980円(100粒1か月分)
1日摂取量:1日4粒
主な成分:エフェドラ、アカシア、テオブロミン
生産国:アメリカ

リポドリンは、即効性が期待できる食欲抑制剤です。生産国はアメリカとなっており、代謝アップや脂肪燃焼効果が期待できます。

エフェドラ、アカシア、ダイダイなど見慣れない成分が含まれているものの、これまでに重篤な副作用の報告はありません。

やや大きめの粒ですが、口コミを見ている限り「飲みづらくて大変!」などといった声はほぼよせられていませんでした。

1つ注意したいのは、心臓疾患、高血圧、喘息などの持病がある場合です。これらの持病がある場合、リポドリンを摂取することで症状が悪化する恐れがあります。

そもそも、リポドリンは日本国内において「医師の処方箋」が必要な薬ですので、安全性が高いとはいえ必ず医師に相談してから使用しましょう。

ファーミアスリム

価格&容量:1箱5000円(30粒1か月分)
1日摂取量:1日3カプセル
主な成分:ウーロン茶、緑茶、サボテンの一種
生産国:アメリカ

ファーミアスリムは、体にまとわりついた脂肪の排出、新陳代謝の活性化、食欲抑制効果が期待できる商品です。

また、アンチエイジングなど美容や健康効果もあることから、より効果を高めたいときは軽く運動するとGood!

主成分はすべて天然ハーブとなっており、FDA(米国食品医薬品局)に登録済みの高品質なサプリとしても知られています。

全て自然成分を採用しているため、重篤な副作用の報告は今のところありません。

カプセルがやや大きいことがネックですが、多めの水と一緒に飲み込めば問題なく摂取できるはずです。

ECAエクストリーム

価格&容量:1箱5980円(90粒1か月分)
1日摂取量:1日4粒
主な成分:エフェドラ、ゴツコラエキス、ホワイトウィローバーク
生産国:アメリカ

脂肪燃焼、基礎代謝アップ、食欲抑制効果が期待できる商品です。食欲抑制剤として有名な「リポドリン」で効果がなかった人が、こぞってECAエクストリームを購入しているという、大人気の商品でもあります。

主成分は、エフェドラ、ゴツコラエキスなど高い効果が期待できる成分ばかりなものの、高血圧、甲状腺異常、うつ病などの疾患を患っている場合、服用することはできません。

また、用法・用量を厳守すれば副作用の心配はないとはいえ、強い効果が期待できる商品として知られています。「ちょっと効果が強いかも?」と感じたときは、ビタミン系のサプリと併用すると副作用が緩和されることがあるようです。

飲みやすさに関しては特に問題はないものの、万が一、動悸、吐き気などの副作用が生じたときは、使用を注意して医師に相談してください。

食欲抑制剤とは?買う前に知るべきこと

そもそも食欲抑制剤とは、文字通り食欲を抑制する効果が期待できる薬剤のことです。無理なく食欲が抑えられるため、自然と食事量を減らすことができます。

当然のことながら摂取カロリーが減少するため、短期間でスリムな体型を手に入れることが可能です。

日本の場合、病院で処方されるケースが多く、食欲を抑制剤はサプリメントと区別されていることが大半となります。

そのため、持病を持っている人は、事前に主治医に確認した上で服用を始めた方が安心です。

ちなみに、最大のメリットは「目安量を一定期間摂取することで、自然と痩せていくことができる」点にあります。食欲そのものが抑えられることから、空腹によるストレスを抱えることがありません。

また、軽い運動を取り入れるようにすると、更に新陳代謝が高まり痩せやすい体質へと変化させることができます。

ようするに、食欲抑制剤は「無理なく確実に痩せたい人」におすすめの医薬品なのです。

一方、デメリットについてですが、特に気をつけたいのは依存症になるリスクがあることだといえます。

その他、飲み方を謝ると拒食症となってしまったり、リバウンドしてしまったりすることも少なくありません。つまり、使い方を謝ると逆に太ってしまう可能性があるのです。

食欲抑制剤に含まれる主な成分

先ほど取り上げた「食欲抑制剤ランキング」の商品を比較した際、共通して含まれていた主成分を5つ取り上げながら、効果や副作用、使用時の注意点について見ていきましょう。

①ガルシニアカンボジア抽出物

・効果

空腹感を軽減したり、脂肪の蓄積を抑える働きがあります。その他、コレステロール値の減少を促す効果も期待できるため、不健康な生活を送っている人は健康体に近づくことが可能です。

・副作用

目安量を厳守すれば重篤な副作用に陥ることはありません。ただし、近年の研究結果から「男性が過剰摂取した場合、精巣へ悪影響を及ぼすケースがある」ことがわかりました。

ただし、これはあくまでも動物実験の結果であり、ヒトで同様の現象が起こるかははっきりとしていません。

・注意点

先にお伝えしたとおり、目安量を厳守すれば副作用などに陥ることはありません。ただし、目安量である「1日あたり0.5~1.5g」摂取した際、何らかの体調不良を起こした場合、摂取量を減少させることをおすすめします。

②エフェドラ

・効果

元々、喘息、関節炎などの治療薬として使われてきました。ダイエット効果としては、脂肪の代謝促進、食欲低下に伴う体重の減少効果があります。

・副作用

主な副作用としては、不眠、血圧の上昇、体温の上昇、心臓発作、脳卒中、けいれん発作などがあります。

海外では死亡例もあるため注意が必要です。

・注意点

近年、エフェドラの過剰摂取などによる副作用の報告が1000件を超えたといわれています。そのため、アメリカのFDA(食品医薬品局)ではエフェドラを含んでいる商品の販売に対し、勧告を行うという措置が取られました。

目安量を摂取しているのであれば問題ありませんが、突然死の危険性が考えられるため、体調不良を感じたら即使用を中止しましょう。

③アカシア

・効果

食物繊維を多く含み腸内細菌のバランスを整える効果があります。空腹感の抑制効果も期待できるため、無理なく体重を減らすことが可能です。

・副作用

胸やけ、嘔吐、胃痙攣などの副作用を生じるケースがあります。

・注意点

授乳中の女性は使用できない他、アレルギー体質の場合、何らかの悪影響を及ぼす可能性があります。持病があったり、何らかの疾患で投薬治療を受けている際は、医師に相談してから服用してください。

④テオブロミン

・効果

血管を拡張して血流量を増やし、代謝を促進する働きがあります。また、脳内物質であるセロトニンに直接働きかけるため、自然と食欲を抑えることが可能です。

・副作用

元々、チョコレートに含まれている成分の一種であり、その安全性は高いといわれています。動物実験の結果においても、重篤な副作用の報告はありません。

ただし、過剰摂取すると、嘔吐、興奮、下痢、不眠、極度の食欲不振などの症状が生じます。

・注意点

安全性が高い成分とはいえ、過剰摂取は控えた方が賢明です。

⑤フェニルエチルアミン

・効果

食欲を抑えたり、デトックス、消化促進効果などがあります。別名「恋愛ホルモン」とも呼ばれており、惚れ薬として販売されていることも少なくありません。

・副作用

胃のむかつき、軽い頭痛などの副作用であればそれほど心配ないものの、不眠、拒食症、不整脈、高血圧などの症状が発生した際は使用を中止しましょう。

・注意点

心臓疾患、血圧の薬を服用していいたり、継続的に何らかの医薬品を服用している場合、使用を控えてください。

食欲抑制剤は副作用が危険?症状や注意が必要な人

食欲抑制剤は副作用が危険だといわれることがあります。しかし、必ずしもそうとはいえません。なぜなら、食欲抑制剤ごとで、使用されている成分の種類、含有量は異なるからです。

そもそも、食欲抑制剤の主な副作用としては、口の渇き、便秘、嘔吐、睡眠障害、胃腸の不良、虚脱感などが挙げられます。

症状の程度が軽度であれば、それほど心配する必要はありません。摂取量を減少させることで、改善できるケースが多いからです。

危険なケースとしては、動悸や息切れ、味覚の変化など、私生活に支障をきたす副作用が生じた場合、または何らかの医薬品を継続的に服用していることなどが挙げられます。つまり、これらの症状が生じた場合、使用を中止しましょう。

なお、副作用が出た場合の対処法ですが、先に述べたとおり使用量を減らすことをおすすめします。それでも症状が緩和されないときは、使用を注意して医師または薬剤師に相談しましょう。適切な対処法をアドバイスしてもらえます。

また、エフェドラなどの一部の成分においては、死亡例が報告されています。基本的に過剰摂取が原因ですが、「人気があるから」という理由だけで食欲抑制剤を購入するのではなく、含まれている成分の安全性を確認するようにしましょう。

安全性が高い食欲抑制剤は日本の「サノレックス」

サノレックスとは、食事療法や運動療法の効果が認められない患者に対し処方されている安全性の高い食欲抑制剤です。

投薬期間は約3ヶ月となっており、多くの場合1ヶ月ほどで効果を実感する人が目立ちます。

目安量を厳守する必要はありますが、日本国内でも処方されている薬品ですので、初めての仕様でも安心です。

食欲抑制剤の入手方法は?個人輸入が主流

海外の食欲抑制剤を購入した方が、安く入手できます。その場合、個人輸入専門の通販サイトを利用するようにしましょう。

BBXのように、日本国内の美容外科で処方してもらえることもありますが、価格は高めです。

しかし、個人輸入専門の通販サイトであれば、同じ食欲抑制剤でも安価で購入できます。

なお、楽天やamazon、ドラッグストアなどで販売されていることもありますが、そのようなケースは多くありません。中には偽物が含まれているケースがあることから、先にお伝えした個人輸入専門の通販サイトを利用しましょう。

ちなみに、個人輸入専門の通販サイトは、運営の歴史が長いサイトを利用してください。そのようなサイトは信頼性が高いため、安心して購入することができます。

逆にあまりよくわからないサイトを利用すると、偽物が送られてきたり、商品が届かないなどのリスクがあるため、利用を避けるようにしましょう。

食欲抑制剤まとめ

食欲抑制剤は、適切に利用すればスムーズなダイエットが可能です。

今回お伝えしたとおり、副作用や使い方に気を付ける必要はありますが、これまでダイエットに失敗してきたなら利用を検討してみましょう。

有名な個人輸入専門の通販サイトはいくつかありますので、この記事でお伝えした商品を検索し、自分に合った食欲抑制剤を始めてみてはいかがでしょうか?